×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
ホームページテンプレート 素材屋905

Oahu Island

ホノルル国際空港 アメリカン航空の直行便を利用。
シカゴからホノルルまで約9時間。(早朝出発、昼過ぎ到着)
ホノルルからシカゴまで約8時間。(夕方出発、早朝到着)

シカゴとの時差は-4時間

カリフォルニアからはもっと近い。

アメリカン航空 ヘッドホンは有料5ドル。
ジュースは無料ですが、アルコールは1本5ドル。 (アメリカの殆どの航空会社がアルコールは有料)

行きの機内食は、離陸して安定したら、ジュースがもらえ、 しばらくするとラザニアかチキン、サラダ、パン、おやつが出ました。 (量が少なかった)
着陸前には、なんとスナックが4種類はいった詰め合わせBOXが登場。
約9時間乗って、朝食がラザニア、ハワイの時差にあわせた昼食がお菓子とは。。。。。

帰りの機内食は、夕食としてこれまた行きと同じ感じの量が少なめのものが出て、 シカゴに着く前に、オレンジジュースが配られただけ。

我が家は行きは、もしかしたら機内食が出ないかもしれないと思い、 サンドイッチを買って搭乗。これは大正解。
お腹すいて、食べちゃったもん。

帰りは、行きの機内食と同じ物が出ると考え、パンを購入し搭乗。
これも大正解。

ホテル & レンタカー予約 Expedia.com(インターネット)でホテルとレンタカーセットプランで予約。

移動 空港からHartzのレンタカーで移動。
現地でグレードアップする事ができたので、割増料金を取られたけれど、 ワンランク上の車に変え、カーナビがついたものにしました。
カーナビがあって助かりました。

コンドミニアム Aston Pacific Monarchという、 ハイアットリージェンシーワイキキの裏側にあるコンドミニアム。

ミニキッチン付き、ホテルの部屋よりも広いし、 毎日シーツやタオルを変えてくれるし、快適でした。
が、ベッドの真横にクーラーがあるため、 寝る時にクーラーをつけると風が直撃で寒い。
(クーラー無しで窓を開けて寝てました)
そのクーラー、日中の日差しのきつい時にかけると 全然部屋中に冷たい風がいきわたらない。
※部屋の向き、部屋によって、違いがあると思います。

駐車場は1日10ドル。
チェックインの時に、駐車場を使う事を言い、車に貼る許可証をくれます。

駐車場や電話代等はチェックアウトの時に清算です。

ホノルルマラソン 2004年は12月12日(日)
受付は前日までだそうです。
スタートは午前5時。
沢山の日本人の方が参加していました。
日本人の為のマラソン大会だなぁ。

写真は、皆が捨てた紙コップの山。
私たちが道路に出たときは、ウォーキングの方たちばかり。
仮装して歩いてる人、突然参加を決めた?と思えるジーパン姿の人、本格的なウェアを着てる人様々。

朝方は涼しくっていいんですが、日中は風があり、 日差しがきつく大変だったと思います。

ゴルフ 3箇所でプレーしてきました。
12月といえば、暖かいとはいえ、ハワイでも冬。
なので、芝生が夏よりも少し悪い。

1箇所目
状態が悪い時期だという前置きをして、もう、実名だしちゃいます。
超悲惨なゴルフ場だった、「Hawaii country club」
ハワイの真中に位置する、パイナップル畑に囲まれた、赤土のゴルフ場。
芝がほとんどなく、土が見えてるところが多い。
雑草を短く刈り込んでいるような所が、フェアウェイ。
パターの所のグリーンも、土が見えていたりとボコボコで、 パターがまともにできない状態でした。
カラカラに土が乾いている為、固くてティーは折れるし、 何よりも心配だったのが、クラブのヘッドが折れるんじゃないかと。(折れなかったけど)
カート道は、ボコボコで踏ん張って乗っとかないといけなかった。
もう、16ホール目で嫌気がさして、やめてきました。
↓この写真がフェアウェイ。
ここは、シカゴでインターネット予約。


2箇所目
「加藤ゴルフ」さん(ハワイで電話予約)で取った、「Coral Creek Golf Course」
これはEwaビーチにあり、ワイキキから西へ。
ここは、良かった。これぞリゾートゴルフ。
気持ちよくプレーする事ができました。
上の写真と全然違うでしょ。


3箇所目
もう一箇所も「加藤ゴルフ」さん(シカゴからインターネット予約)で取った、 「Mililani Golf Club」
ここは、住宅街にあり、まぁまぁの所でした。


−感想−
ハワイのゴルフ場は、5人、6人一組でプレーしていて、はっきりいって不快。
3箇所のゴルフ場で、そういうグループに遭遇し、その人たちを待つのが嫌で、 1ホールとばしたりしました。
その代わり、後ろがこなかったので、同じホールを2度プレーして帳尻合わせ。

驚く事に、ホームページを見ると、日本語、英語と2つ用意され、 金額が日本人の方が高く設定されている事。
ハワイに住んでいる人は、めちゃくちゃ安くプレーができ、 アメリカに住んでいる人は、日本人よりも安くプレーできる所があります。
電話で料金確認し、日本人とわかると高い値段を言い、 アメリカに住んでいるというと、金額を言い直す。
アメリカ住人で予約すると本当にそうなのか、現地で必ずIDチェックされます。

「加藤ゴルフ」さんのいい所は、飛び込みで行くと値段が高い所が、 加藤ゴルフさんを通すと安くプレーできるゴルフ場があること。
その時期の、そのゴルフ場のコンディションを把握されていて、 電話で親切に、「そこは赤土がみえてるから、こちらの方が良い」と アドバイスしてくれることでした。

他にも、予約をしてくれる会社があります。

海 ワイキキビーチは、ご存知の通り観光客でいっぱい。
ゴザを敷くのも一苦労。透明度はまぁまぁ。

オアフ島の東側にある、カイルア(Kailua)は、 砂浜が広く綺麗で、海の透明度も素晴らしい。

オアフ島の北側にあるノースショア(North shore)は、 冬の時期はサーフィンの大会が行われるほど高い波。
実際多くのサーファーがいました。

ハナウマ湾(今回は行ってません、前回の時の思いを書くと) 入場料をとるわりには、普通。

食べ物 シカゴ暮らしをしていると、ラーメンや日本風焼肉等などが食べられない。
(ラーメンはあるんですけど、店を選ぶ事ができない)
満喫してきました、日本食を。

おやつで美味しかったのが、ハレイワ(ノースショア)名物 マツモトのシェイブアイス。
決め細やかな氷で美味しかった。
マツモトの隣のタイ料理も美味しかった。品数は少ないけど。

観光 ダイヤモンドヘッド
前回の旅行の時に登ったので、記憶を掘り返して書きますね。
行きはのぼりばかりで、つらく、一部懐中電灯がいる所がありました。
私達は懐中電灯もってなかったので、ソロソロ〜と歩き、 人の明かりを頼りにしながら頂上へ。景色は最高でした。

ドール・パイナップル・パビリオン
ハワイカントリークラブの帰りに行きました。
ゴルフ場から北へ行くとあるんですが、 巨大迷路とパイナップル園観光(有料の汽車で観光、30分に1本しかない)、 パイナップルを使ったアイスやジュースが食べれます。
お土産品もたくさん。

ポリネシア・カルチャ−・センター(外を見ただけ)
カイルア・ビーチの後、どんな所か見に行ったら日曜日は休園。
外だけ見て満喫して来ました。
入場料が大人一人たしか約30ドルだったので、 開園していた場合、面白くなさそうだったら、やめようと思っていた場所。

パール・ハーバー
テロ以後なのか?かばんの持ち込み禁止。
かばんを預ける所があるけど、2ドルとられます。
2ドルは後で返してくれるのか聞くと、寄付金となるから返さないだって。
戦艦ミズーリの中を見たかったんだけど、16ドルとられちゃう。
それをじっくり見る時間もかったので、 今回はあきらめて、USSアリゾナ記念館を見学。
第2次世界大戦(神事湾攻撃)の資料が展示されています。

ショッピング アメリカに住んでいるので、買い物はしませんでした。

ワイケレ・プレミアム・アウトレット
とりあえず、行って見たけど、買うものがなかった。
コーチに行くと、日本人だらけ。
みんな結構買ってたなぁ。
もし、私が日本からの旅行だったら何か買ってたかも。

ワイキキのコーチで思ったこと。
それは、夏物が多いこと。冬物は少しだけ。
これって、2004年の夏物を売っているわけで、 シカゴではもう2004年の夏物はお目にかかれません。冬物ばかり。
だから、ハワイで買って、来年の夏にその新品を使うと、 旧モデルになり、運がよければ2004年の夏物が、 2005年にはアウトレットやデパートなどで値引きされた金額で 買えるんだよなぁ〜。。。。。

でも、コーチ直営店、アウトレット店、デパートと同じ品もあれば、 そこでしか買えないデザインの物もあるし、 私は悩んだんだけど、買うのをやめました。

ダイエー
コンドミニアムに泊まると、電器コンロ、冷蔵庫、鍋があるので、自炊ができる。
なので、ダイエーで飲料水やビールを安く買い、食料品もそろえることが出来、 心強かった。

コスコ
会員制卸売りスーパーで、会員証を持っている私は、 シカゴで取り扱っている商品と何か違いがあるのかなぁと確かめに行くと、 たいした変わりはなかったけど、ほんのちょっぴり違いが。。。。
まぐろの刺身、サーモンの刺身が売られていたこと。(うまそうだった)
ハワイでしか見られないお菓子があったこと。

感想
ここは日本かと思えるぐらい、日本語で表記されていて、 店員さんも日本人の扱いに慣れているし、英語のメニューを見る事が少なかった。

アメリカ本土から来ている物は、値段が高く、 ダイエーにいくと日本の物がシカゴの日系スーパーで売られている値段より安かった。

今回は車があったので、ノース・ショアにもふら〜といけたし、 自分達の思う行動が可能であった事。
トロリー乗り場を見ると、待つ人でいっぱいだったし、 行動範囲もトロリーでは限られるから。

観光している時、リムジンを借りて観光する日本人を発見。
無料情報誌が道路に沢山置いてあり、それを見るとリムジンツアーだとか、 日本人向けに沢山のツアーがありました。
それも優雅な気分が味わえて、いい思い出になるなぁ。

時間に無駄のない、のんびりした日々を過ごせて大満足。

その他の旅行記はこちらから

ナイアガラ旅行
上海旅行