×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

TOP
ホームページテンプレート 素材屋905

車を見に行く

中古車も新車も、ディーラーの敷地内に並べられているので、 その中で気に入った車を選び、試乗し、値段交渉に入ります。 日本だと新車を買う時は、オーダーしてから数週間で納車されますが、 アメリカは、置いてある物を買うので、少しシステムが違います。 イリノイ州は、日曜日はディーラーはお休みです。 カリフォルニア州は、大きなホリデー以外は営業しています。

値段交渉

値段交渉をがんばってしましょう! 店に訪れてから、2〜3時間、手続きなどを含めて要すると思ってください。

支払い

クレジットヒストリーがない私達は、パーソナルチェックで一括払い。 銀行がが発行するチェックで無いとダメと言われたけれど、 交渉でパーソナル・チェックでの支払いが許されました。

ナンバープレート

買ったら、すぐお持ち帰りOK。 (イリノイ州の新車の場合) 仮ナンバープレートを付けてくれます。 (イリノイ州の中古車の場合) 前の車のプレートを付ける手続きをしたのであれば、それを付けてくれます。 新しい番号のプレートに手続きした場合は、仮ナンバープレートを付けてくれます。 後日、郵送でナンバープレート2枚と、Idetificationシール(1枚)と用紙が送られてきます。 ナンバープレートが到着したら、取り付けて下さい。 (カリフォルニア州の新車の場合) フロントのガラス右横に、ナンバープレートの代わりになる、紙を張ってくれます。 後日、郵送でナンバープレート2枚と、 Idetificationシール(年、月の2枚)と用紙が送られてきます。 ナンバープレートが到着したら、取り付け、 フロントガラスに張ってある紙を剥がしてください。

CERTIFICATE OF TITLE OF A VEHICLE

(イリノイ州、カリフォルニア州) 車の持ち主登録で、重要な書類です。 売買する時、これがないとダメ。 車を購入した代金に、この書類の発行料を加算された金額を請求されるはずです。 登録後、郵送で送られてきます。

Identificationシールと書類は重要

(イリノイ州) "Illinois identification card"は、毎年1回車を購入した月ごとに更新となります。 このシールはナンバープレートの隅に貼らなければいけません。 写真の右上07−05と書かれている所がそのシール。 写真では白に見えますが、実際は年毎に色が変わります。 Identificationシールの発行は、 @用紙が送られてくるので、パーソナルチェックを添えて郵送すると後日シールが送られてくる。 A運転免許試験場へ用紙を持っていって、お金を支払いシールをもらう。 Bインターネットで申し込み、支払いをすると、後日シールが送られてくる。 車を買って、正式ナンバープレートが届きます。 そこに、Identificationシールも添付されています。 車の持ち主の名前や住所が書かれている用紙の裏側に、 シール1枚が同封されているので、見落とさないようにしてください。 (カリフォルニア州) Identificationは、イリノイ州同様、毎年更新です。(その度に登録料が要ります)

保険

日本人の方が代理店をしている所にお世話になっています。 必ず保険証書は車に入れておきましょう。 運転免許の試験を受けるとき、捕まった時、事故の時等に必要です。

自動車ローンの審査基準についてはこちらにまとめました。

村または市への登録

(イリノイ州) 自分達が住む村または市へ、どんな車を乗っているのか届けなくてはいけません。 そして、村または市によって違いますが、1台ずつ税金を支払います。 お金を払ったら、シールをもらえるので、フロントガラスの隅に貼らなければいけません。 −登録方法− 私が住む村または市は、 @インターネット A役所に足を運ぶ B住み続けていれば、2月か3月頃に登録用紙が送られてくるので、 登録されている車種に間違いないか確認し、 車を買い換えていれば訂正し、@、A、Bいずれかの方法でシールを買います。 余談ですが、犬、猫を買っている人も、登録の義務がありお金を支払わなければいけません。 これは村または市によって違います。 (カリフォルニア州) 私が住んでいる市は、そういう制度はありません。

ロードサービス

(イリノイ州の時) JALプレミオカードを発行している所の、ロードサービスを申し込んでいます。 電話対応は日本語。ただし、現場へ来てくれる人は外人。(実際そうだった) http://www.premio.com/carsupport/index.html こちらは、電話を受け付けているのは、カリフォルニアオフィス。 なので、シカゴの道路や街の名前を知らない人が電話にでます。 (カリフォルニア州に引越を機に) AAAに変更しました。 英語でのやり取りになってしまいますが、サービスの面でAAAの方がいいかなぁと思い、 変えました。 旅行へ行くときに、道順をプリントアウトしてくれたり、地図が無料だったりするし。